説話社 -占いに関する企画・編集・制作- 安心・感動・元気をお届けする情報制作集団

メニューリストを開く

亡き浅野八郎先生に捧げる決意

2022年03月28日

浅野八郎先生が去る令和4年1月26日、お亡くなりになりました。
享年90歳。葬儀は1月28日カテドラル教会で近親者のみにて執り行われました。

弊社が出版している季刊『My Calendar』をお読みになっていらっしゃる読者の皆さんで、特に月刊『My Birthday』(実業之日本社)を読んでいた皆さんは、浅野八郎先生の心理テストや手相占いなどご存じかと思います。
浅野八郎先生は、『My Calendar』の前身である『My Birthday』の生みの親ともいえる存在であり、弊社が占い雑誌の編集をしたり、単行本を発行したりするうえでの、精神的支柱になっていただいた先生でありました。

先生が色紙を頼まれて文を書くときは、必ずと言っていいほど、
「明日を信じて今日を生きる」
というお言葉を書かれていました。
また、『占いは転ばぬ先の杖』という言葉も先生が好んでおっしゃっていたお言葉でした。

『My Birthday』が世に出るまでは、占いはちょっと胡散臭いもので、怖いことを言って恐れさせるような占いが主流でしたが、難しい心理学を誰でもわかる心理テストとして紹介するとか、占いは怖いものではなく、人と人とのコミュニケーションの一つであり、自分を知るため、他人を知る、そして未来を予測するツールである、といった考えや、占いや運命学を学ぶのは、「幸せになるために学ぶのであらねばならぬ」といった信念を教えていただきました。

浅野先生は、日本における新しい占いや運命学の普及を、最後まで実践して大きな功績を残していってくださいました。

私たちは、浅野先生の残してくださった精神と実績に、少しでも近づいていき、後世に残していけるよう、誠心誠意努力していく所存です。

私たちはこれまでも、困ったとき、「先生はこんな時、何と言って助言してくださるのだろう」といつも考えていました。先生がいなくなった今日では、少し不安ではありますが、少しでも先生の精神に近づけるよう、精進してまいります。

先生、これからはどうか安らかにお休みください。

令和4年3月28日
説話社 社長 酒井文人

株式会社説話社 〒169-8077 東京都新宿区西早稲田1-1-6 TEL:03-3204-3221 アクセス